きのう生まれて初めて、骨折をしてしまいました。 あさ玄関の掃き掃除をしているとき、 ちょっとした段差で左足をひねってしまったんです。 その時は捻挫だと思って、湿布で冷やして様子を見たんですが、 あまりにも痛みがひどく腫れあがってきたので、 これは少しおかしい、と思い今日病院に行ってきたんです。 レントゲンを撮って、写真を見たらぽっきり折れてました。 左足第5中足骨基部骨折、との診断でした。 よく下駄ばき骨折ともいわれるそうです。 まさかこんな簡単に骨折するとは、写真を見てびっくりでした。 ふくらはぎあたりから足の指の根元まで、ギプスで固定です。 歩こうとしても、うまく足が動かせずにふらふらして歩けませんでした。 ギプスがこんなに動きにくいものなんだと初めて知りました。 自分では車の運転もできないので、 主人に仕事を休んでもらい、連れてきてもらったんですが、 写真を見て診察室から出てきた私の姿にびっくりしていました。 ギプスが取れるまで、約1か月かかるそうです。 その間、この不自由な足で家事ができるのか、とても心配です。

発行したクレジットカードの決済と時期

三十路手前まで発行クレジットカードを持っていませんでした。
既婚なのですが、夫がクレジットカードを発行して持っているので、
ついついそちらで支払いを済ましてしまっていました。
会社のガソリンなどの燃油に使う燃料カード法人は持っているのですが、
自分でスタンドなどで使うカードを持っていないのでした。

すごく便利だから欲しいとは思っていましたが、私自身専業主婦なので、
クレジットカードの発行は難しいと思っていました。
しかし、夫から、自分で自分のお金は管理して欲しいと言われました。

なぜかと言うと、例えば私が夫の発行したクレジットカードを使ったとして、
その場で現金を夫に渡したとしても、発行したクレジットカードの決済と時期が違うので、
お金の動きがバラバラになり、結局支払いが辛い、という状況になることがわかったからです。

私のような主婦でもクレジットカードを発行して作ることはできないかと探したら、
ある会社だと審査に通るらしい、ということがわかり、そこの会社でクレジットカードを申請しました。
なんとか通ることができて、それからは自分のお金として、支払いの管理を始めることができました。

夫の発行したクレジットカードを使って、使った分を夫に現金で渡していた時よりも、
自分が少し内職して稼いでそのお金を自分で操作できるということには、すごく意義があるんだな、とわかりました。
それからは自分のお金の管理がすごくやりやすくなり、夫婦間の揉め事もなくなったのですごく感謝しています。