キャッシングサービス

借金に対する抵抗感とか罪悪感とかは昔から一切ありませんでした。家が商売をしていたので、借金があって当たり前だという環境で育ったからかもしれませんが。でも借金をしてもきちんと返済さえすれば、別に後ろめたく思う必要もないし、隠す必要もないと思います。クレジットカードで買い物をするのだって、私から言わせれば、ちょっとした借金です。他人にお金を立て替えてもらって、商品をてにするのですから。クレジットカードで買い物をするのは抵抗はないけれども、キャッシングサービスの会社やカードローンを利用するのは抵抗があるというのは、世間一般的な借金のイメージが悪いからでしょう。お金を貸してくれるところがなかったら、この世の経済は回っていかないのです。それを個人レベルに引き下げたものが、カードローンやキャッシングサービスの会社なのだと思います。実際、私もカードローンとキャッシングサービス会社でお金を借りていますが、一度も返済が滞ったことはありません。必要な時に必要な金額だけを借りて、そしてきちんと期限内に返済をしていれば、何の問題もありません。そして借りる時に返済が可能な金額だけを借りるということが大切なのです。